広告の真実


Photo_3

効き目がある。
副作用もある。
それが、おくすり。

政府広報「薬と健康の週間」10月17日全国の新聞各紙に掲載された全7段広告のキャッチコピー。

広告の目的は、薬と健康の週間(10月17日~24日)の告知に絡め、薬の登録販売員の制度や、薬は用法や容量を守って飲んでほしいといったことを知らせることであったようです。

でも、私はこの最初に書いたキャッチコピーにドキっとしました。「あ~、いっちゃった~」みたいな感じもあり。薬には副作用があるのはわかっていますが、このようにきっぱり書かれて、「薬って効き目を出すために、副作用は必然、という考え方に則って作られているのだ」ということを強く感じたからです。

これが薬害の被害者の広告であったら?重い病気に苦しむ患者からのメッセージであったら?同じキャッチでも、まったく違った意味の広告になります。

今回見たこの広告には、真実が書かれています。だからこそ、ドキっとするわけです。薬の広告は「風邪にはこれが効く」「ガンの特効薬です」という効き目を伝えるものがほとんどですが、副作用について真っ向から表現をすることはありません。広告というものは、スペースや時間に限りがあるし、必要な要素の中から、もっとも伝わる部分を取り出して表現する必要があるからです。だから同じカテゴリーの多種多様な広告であっても、結果的にその製品群の良い面だけを照らし、悪い面を見えなくする、という両刃の刃的な面を作り出してしまう、ということもあるでしょう。

真実なんだろうけど、『政府広報』でこんなコピーを掲げるのって、どんな意味があるの?と考えてしまいました。薬事行政に携わる人たちがどんな意識で仕事をしているのかさえも、図らずもあぶりだしてしまったような気もします。なんだかいい薬を作ってあげたけど、問題も起きるかも、でも使うのは自己責任だよ、とつっぱねられたような気がしたもので。

で、薬のことについていえば、結局強ーい効き目がある薬が必要になるような状態にならない努力をするしかないということでしょう。軽い症状に必要な薬を摂るくらいでは副作用は出ないことが多いけれど、強い薬には、強い副作用があるということなわけですから、それが必要なときは免疫力も低下しています。投薬による治療が体のほかの部分をいためてしまうこともある、ということを十分理解して、だからこそ薬を使うにしてもちょっとした不調のうちに治しておく、そしてひたすら免疫力を下げない暮らしをするしかないな、と思います。

それから、政府広報って、1日にえらい出稿量があるんだな、ということも、初めて知りました。広告の授業のケースとして使ってみようと思います。
政府広報オンライン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オリンピックを見る

オリンピックは見たい。でもテレビ中継は見たくない。奇妙なアスリートと関係ないタレント、評論家のコメント、聞かなくてもいいバカらしい質問攻めのインタビュー。相変わらずテレビ画面に向かって、親子して怒っているthunder

五輪開会式の視聴率98%=人民日報などが号外-中国〔五輪〕
このタイトル、どう思います?この不正確なニュース見出しは、時事通信から各新聞社に配信され、さらにそこからネットニュースに掲載されたことから、「実際、Yahoo!トップページの見出ししか見なかった人たちも多く、ブログや掲示板には「中国すげえ」とか「情報操作では」とか、テレビ視聴率98%という誤解の数字を前提としたような感想があふれています。」という笑える(笑えない?)話も。よくよく、リソースをみないと、本当にマスコミの踊らされてしまう。
この調査は開会式の日の21時から24時の電話調査で、要は在宅している人に何をしているか聞いたものなので、家にいなかった人がこの数値には反映されていない。この98.1%は、何らかのメディアを通じてオリンピックの情報を得た人、ということなので、いわゆる視聴率として、国民全体の中でその時間にテレビを見ていた比率、というわけではない。

報道を読む側はそのまま受け取るのだから、記事を書く人達がちゃんと確認して正確に伝えてくれないと。昔取材を受けていたころ、平気でA新聞で見たんですけど、と取材の申込みをして、さらにA新聞以下の質問だけして帰って、それ以下の情報だけの記事を書いた人が大勢来た。。。折角来たんだから、自分で事実を確認しようよ。

さて、今回の記事のリソースはこちら。このように変化したそうだ。
◇開会式「視聴率」が98% 中国 (Yahoo!トピックス見出し)

◇中国国民13億人カブリつき!?開会式“視聴率”98%(スポーツ報知)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080810-00000141-sph-soci

◇五輪開会式の視聴率98%=人民日報などが号外-中国(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2008080900195
◇2008 BEIJING OLYMPICS OPENING CEREMONY LIVE SHOW
 - REACHES 98.1% CHINESE (CTR MarketResearch, CHINA)
http://www.ctrchina.cn/ctrchina/en/News_Article.do?article=143

ネットレイティングス社長の萩原さんのご指摘から。
読む側もほんとうに気をつけないと。

そして、今夜も北島にアテネと同じ「ちょー気持ちいい」を強要するようなインタビューにまた腹を立てる親子。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

イメージはこうして作られる

極秘映像を入手した。というか、現場にいた人はきっと知っている。
先日あるスタジアムで暴動事件が勃発した。審判のジャッジの問題とか、ホームで負けて相手の勝鬨を許したとか、投げた何かが子供にあたった、とか、きっかけはいろいろあるのだが、新聞やニュースでは、Tくんがつかつか相手チームに歩み寄り、クレームをつけたことから、となっている。事実彼は最初に近づいたし、威嚇的な動きをしたのはニュースで何度も流れた。名前も顔も武闘派だから、しょうがないなあ、と私も思っていた。
しかし!極秘映像では、その後グラウンド内の小競り合いの主役が、別のTくん(同じTだな、こちらはTI、前のかれはTOとしておこう)であったことを映し出している。何しろ頭をはたいて羽交い絞めして、さらにTOくんはじめ味方の制止を振り切って、最後まで興奮状態で暴れまくっていた。

TOくん、ごめんね、私はテレビのスポーツニュースを見て、君がきっかけを作ったと思っていた。これがもしTIくんだったら、サポーターの暴動中心に報道されたかもしれないし、私も読み流しただろう。

それくらい、人の強烈なイメージって、人を見誤らせる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おもしろいテレビ番組は

最近は、テレビを見ていると、いい加減な情報や偏った報道に腹が立つことが多い。茶の間のテレビを囲んで、家族総出で、「なんだ、これは」とか言って、この発言のどこが問題だ、とか、別の角度から見るとこんなことがいえるのに。。。なんてはなしをするには、子どもの教育上も意外によろしかったり、おばあちゃんのボケ防止にもいい。でも、それでも妙な番組が増えるにつれ、見ないことも多くなった。

そんな中。最近のお気に入りはNHK。まず、教育テレビの外国語番組のなかでも秀逸なのは、「リトルチャロ」。チャロという日本の少年に飼われていた犬が、飛行機の貨物の扱いの間違いで、ニューヨークの空港に取り残され、日本に帰れなくなる物語。ある日つけたテレビで、アニメのかわいい犬が英語をしゃべっていた。なんだこれは、と思ったら、NHKテレビ外国語講座の新シリーズだった。なにしろ、お話がかわいそうで見たくないのだが、なぜかたまに遭遇してしまう。さらに簡単な英語だが、こころの状態を表す言葉がふんだんに使われていることが、これまでの英語講座にはなかったので、学んでもおもしろい。あんまりかわいそうで、英会話どころではないが、なぜか見てしまう。さらにこれはラジオ講座、インターネット、CD付テキスト、と立体的な仕立てで、勉強をするつもりの人にも機会の提供がされていて便利だ。子どもが好きそうな画のアニメ仕立てなのに、毎週月曜の夜の11時半から20分という設定も、ターゲッティングの妙。まあ、わたしもはまっているのだから、狙いと結果が確か?NHKもやるなあ、と思った番組。

もうひとつは、やはり毎週やっているわけではないのに遭遇率が高い「NHKアーカイブス」。深夜ぼーっとしていると、時々やっていて、面白くてつい終わりまで見てしまう番組。昔のNHKの番組を何本かまとめて流しているものだ。たとえば、「現代の記録・BGの周辺」は、1962年の番組だが、当時の働く女性(Business Girlと呼ばれていたが、意味が不適切な和製英語だったため、のちにOLに変わった)の悩みも、今の人たちと実はそんなに変わらないということがわかって、おもしろかった。例えば、男社会で苦労する様子や、それに対してどう思っているかなど、映像がモノクロだから昔に見えるが、カラーにして、音楽の入れ方などを変えたら今とまったく一緒になるだろう、と不思議な気分に。また「現代の映像・33.3分の1 ~その幸運な入居者たちの物語~」は1965年に首都圏に始めてできた、藤沢の『団地』に抽選で幸運にも入居できた3家族をかなり長い期間取材したもの。共働きで、四国からおじいさんに出てきてもらって子どもを見てもらっている家族などもいて、これまた、子育ての困難は、別に今日始まったことではないことを知らされる。ドキュメンタリーってすごい。次の放送予定はまだ未定らしいが、またきっと夜中にザッピングしていると目にとまるだろう。

そしてもう1つは「サラリーマンNEO」。これはすごくヘンだ。さらになぜ、NHK?実のところ、よいとも悪いともいえないが、なんでこんなものをやっているのか?という疑問から、つい見てしまう番組だろうか。

よくも悪くも、旧きを温め新しきを知る感じがよい。どこのチャンネルに合わせても同じような番組を見せられる毎日に、新鮮な驚き。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

J-WAVEが20年

J-WAVEが開局して、昨日で20年めに入ったそうだ。
開局時に番組提供をしていたが、ラジオCMの審査が厳しいのでJ-WAVE用だけに作ったり、番組も会社に似合わないクラシック番組をしたりといった苦労も、そんな昔かと、感慨深い。
今はオフィスの仕事のお供で、気軽に聴けるステーションになった。スノッブな選曲が多く、英語交じりのCMだらけの当時とはうって変わって、J-POP中心のカジュアルな局、という印象。さらにメディア環境が変わったので、目の前のPCでネットを使えば、気になった曲は曲名がわかり、ヘッドラインだけのニュースも内容をグーグルニュースで詳細に読める。
先日はラブソング専門チャンネルのSUONO DOLCE(※初回視聴時にプロフィールを聞かれる、というのは、うまい仕組みだ。)のスタジオを見せていただいた。ちょうど20年前くらいから落ち込んできていたラジオ界は、今やインターネットを駆使して新しい流れにあるようだ。

朝日、読売、日経の提携のニュースにも、驚きは感じないが、メディアへの興味は明らかに昔とは形を変えて面白さをかきたてる今日この頃。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Luxuryとはなにか

ひとそれぞれ、ラグジュアリー、贅沢を感じるものや体験があるだろう。
今の私にとって、ラグジュアリーとは、若かりし頃に買ったMandolinとIrish Harpに触ることである。マンドリンは、私のためのオリジナル製作で、中に「京香様の為に勤製す」と、製作者の石川先生自筆の墨書きが貼ってある。アイリッシュハープはもともとそう安い買い物ではないが、バブリーなOL時代に勢いで買った代物だ。さらについ先ごろまではこの2つとも押し入れの奥深く追いやられ、持ち主本人の私でもそれを毎日奏でていた日々があったどころか、持っていることさえ忘れていたようなものたちである。

ラグジュアリー消費に対しては、人種やグループによって異なったイメージや考え方が存在しているそうなのだが、たとえばフィレンツェのオールドリッチは、お城に住み、さまざまな先祖由来の財産に囲まれていても、それを贅沢とは感じていない、というインタビュー結果がある。(うらやましい話だ・・)
ニューヨークや東京の富裕層へのインタビューでは、花瓶、陶器、バスタブやアンティークの櫛・笄など、さまざまなものが提示されていたが、ここから導き出される「ラグジュアリー」「贅沢」という感覚は、「ディスタンス」、つまりそのものと消費者が何らかの距離を感じることから生じる、ということだそうだ。

この私のラグジュアリー品である楽器たちは、実はそれを手にしたときは必要に迫られて購入しただけで、さらに当時は弾くことが生活と一体化していたので、距離などがなかった。つまり当時の私にはそれはまったく贅沢なものではなかった、ということである(イタリアのオールドリッチと同じ?!)。しかし今、そんな楽器たちに触れる時間もなくなり、あえて取り出して眺めないとそれを弾くところまでいたらない生活になって初めて、これらは私にとってかけがえのない、素敵なラグジュアリー消費として戻って来た。それを考えると、このディスタンス理論は非常に納得がいくものだ。

技術が革新され、消費が拡大している時代は、顕示的な消費としてモノを手に入れることそのものがラグジュアリーの大きな要素であったかもしれないが、今は、心の豊かさを満たす時間で非日常を感じたり、今では手に入らないような希少性が思い出や自分のアイデンティティを強化してくれたり、と贅沢の意味が変わってきているのかもしれない。それで考えると、戦前は「贅沢は敵だ」という標語もあったが、この忙し過ぎる現代は、敵とか無駄という考えよりも、多少なりとも贅沢といえるモノやトキを持てるほど幸せなことはないのではないか、とふと思ったりもする。

あなたにとってのラグジュアリーなモノとは?


【広告】そういえば、インタビュー映像で、ラグジュアリーにマッサージを挙げた方もいた。短い時間で異空間に入っていける自分を癒すためのマッサージは、贅沢気分だけでなく、実質的に心にもカラダにもよいのだから、当然だ。夏の疲れを癒すラグジュアリープランは、ご相談に応じてご提供しています !
http://www.aromawiz.net


Imgp1122_4
この風景を毎日見られるだけで単純にラグジュアリーを感じられるかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

HONOR !

広告の世界にもがある。ACC賞、TCC賞、ADC賞とか広告電通賞などなど。広告の世界の人間は、「賞をとったところで、売上に貢献しなければ意味がない」とか、「賞狙いの作品なんか作りたくない」と言って、賞を受賞しても、あまり喜んだ顔をすることはない。以前の仕事場でも、何度か賞を取ったが、社内的にも社内報に軽く記事が載るだけで、サラッと流してきたものだ。

広告賞の中でもワールドクラスの3大賞は、カンヌ国際広告賞、クリオ賞、ONE SHOW。それと並び賞されるものに、「ニューヨークフェスティバル」がある。
そのADVERTISING AWARDS で我が友人がブロンズに輝いた!今はまだHP上でもファイナリストのリストがアップされているだけで、受賞者リストは掲載されていないが、今まさにニューヨークでショーが行われ受賞が発表されているところなのである。
そこで、昨夜は(ニューヨークではなく、青山ママスで、ニューヨークっぽいメニューをお願いして)内々の祝杯をあげた。彼は、とても嬉しそうで、こちらもさらに幸せな気持ちになった。そのときに彼が言った一言。「賞なんて、意味がないものだと思ってきたが、自分を囲んで支えてくれた人たちのことを思うとき、受賞は心から喜ぶべきことだ、と知った」、と。それを聞いて私が思ったこと。広告賞は、広告の本来の目的ではない、だからみな、軽く流す。でも、広告をつくる人の、「常によい仕事をしたい」という目的に対しては、それは大変な栄誉なのだ。
これまで軽く流してしまった賞たちにわびる気持ちを持って、昨日はその分も、心からお祝いをした。

彼は、我が社のロゴをデザインしてくれたグラフィックデザイナー。
Flosvitalogo_1
このロゴを褒めてくださる方がいるたびに誇らしかったが、これからはもっと誇らしく名前をいうだろう。

ごめん、渡辺くん、まだ内緒なのに書いちゃったよ。
彼を知っている人は、お祝いしてあげてください!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

桜の開花予想にみるアート、再び

桜の開花予想のための「データを入れ間違えたので」、誤った予報を出してしまいごめんなさい、というお粗末な会見があった。

データのせいにするな、と言いたい。
これはパソコンが壊れたからレポートの納期が遅れました、というのと同じではない。これはある意味不可抗力。
コンピュータにデータを入れて結果が出てきたから、考えもせずにそのまま発表して、結局間違ったんでしょ?!
こちらは明らかに人為的ミスだ。

桜の開花予想というのは、非常にエレガントなサイエンス。このプログラムができたのは、もともと人間の季節感からで、気温の高低で開花時期が違うということに着目したからこそ、データを駆使して今の計算式ができているのである。

だからといって。

結局コンピュータがやってくれるようになって、きっと予報士はいなくなったに違いない。でもデータはあくまでデータ。そこから何を読み取って、知りたいひとに何を伝えるか、という人間の作業が挟まらなければ、まったく意味がないことだという考え方は、いろいろなところでどんどん失われているのだろう。コンピュータ動かす人を予報士って呼んでるのかも。

3年前に、開花予想について書いたブログ。今も気持ちは変わらない。
桜の開花予想はアートなのだ。

昨日、広告学会でリサーチャーさんのグループが、「なぜ広告作りにリサーチを活用できていないのか?」という問題提起の発表をされた。冒頭、やはりこの開花予想の話に触れていらした。
数字を数字としてしか見ない、目的のために数字を使いこなせない、果ては目的を忘れて数字だけ使う。多くの残念な事例。それを乗り越えるために、リサーチの現場の方たち自身が、「そこからどう読む?」という強い熱意を持って調査されていることを知らされ、非常におもしろかったし、刺激的であった。

サイエンスも大事、アートも大事。両方を知らずして、よいものはできないのだ。

京都御所、3月9日。春はもうすぐ?Imgp0714

| | Comments (0) | TrackBack (0)

少なすぎるBMIで失業?!

今日から行われるマドリードファッションショーで、マドリード市はやせすぎのモデルの出演を禁じたそうだ。

やせすぎ、というと分かりにくいが、今回の基準はBMIが18以下のモデルを除外したという。

※BMIは、医学用語のボディ・マス・インデックス(Body Mass Index)のことで、国際的に今最も広く使われている体格指数のひとつ。最近は日本でもよく使われて、健康診断の結果表に書かれてくることもある。念のため、BMIの出し方は、体重(kg)÷身長(m)の2乗。身長はcmでなく、mにして、163cmなら1.63mとして計算。
この結果で、18から25が普通体重といわれるが、それ以上は肥満として、注意を要する目安とされる。肥満度分類とも言われ、肥満からくる生活習慣病の予防指導など、もっぱら「人をやせさせるための指標」として使われることが多い。

で、逆に18を切るということは、確かにやせすぎで、やせることを追求するあまり、拒食症や栄養不足、またそれから来る婦人科系の不調など、様々な心配が考えられる。ためしに私が自分の身長でBMI18の体重を割り出すと、42kg!以前45kgを切ったときに、周囲から、そんなにやせて大丈夫?とよくいわれたので、その状況たるや心配な段階であることがよくわかる。確かに、その頃は異常な忙しさに、家庭での心配事がダブり、疲れてフラフラであったものだ。
確かに今や世界的にやせている人が「きれい」を要求される職業、女優やモデルの花形だ。ニュースで伝えられているように、女性の健康を考えると、「やせすぎ」を憧れの対象としてクローズアップするショーの中心に据えることが、女性の「やせたい」願望を助長するから、いかがなものか、というのは、一理ある。最近の女子高生の食生活の貧しさやダイエットブームに対しては、きちんとした情報提供や教育の必要性を切に感じているから、適度な肉付きの素敵なひとが多くなって、よいお手本(文字通りモデル)になったらよいな、とも思う。

しかし一方で、「やせ」を健康問題として捉えると、「やせすぎモデル=不健康な人」であるから仕事をさせない、ということにもつながり、そのこと自体はいかがなものか。これまでそれを求められて頑張って仕事をしてきた人たちが、いきなりそういわれても、それは本質的に彼女達に責を求めることではないし、筋違いだ。
昔、年とって容姿が衰えた(と彼女の勤務先のテレビ局が判断した)女性アナウンサーが、アナウンサーを降ろされて問題になったことがあったが、そんなこと、こんなことで仕事を奪われるなんて、ねえ。。。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

富士フィルムの化粧品

富士フィルムが、独自の技術を使った化粧品・サプリメントを開発、発売をするそうである。

まったく異分野への参入の場合、その広告宣伝活動を見なければなんとも判断はできないが、
・へー、そんなことできるんだ、おもしろそー。 なのか
・げっ、そんなもの作っちゃうわけ?ちょっとイメージ違うよね
という、どちらかに転ぶのである。
宣伝を見ないとというのは、社名を出す出さない、あるいは出し方もあるし、商品をどのようにポジショニングするかで、理解はまったく違うものになるからだ。

しかし、私にとっては、今回は今のところ好イメージ。ちなみに、乳酸菌飲料のY社の化粧品よりも好意度高し。(Y化粧品はものがとてもよいのは知っているのですが、なんとなく糖分でべたつきそうな気が・・・。あくまでもイメージですが。)ニュースリリースを読むと技術的な話が、ちんぷんかんぷんながら、理解の及ぶ範囲でよさげに書かれていたことと、父が昔カメラ屋をやっていて、富士フィルムさんにはこどものころからなんとなくお世話になった感があるから、もプラスに作用している。

Ffnr0039_01_l

パッケージはちょっと素敵。
※写真フィルムの主原料はコラーゲンと同じ成分なのですと。なんだか、私のお肌のたるみも、まだまだ維持が期待できそうな・・・。

しかし、こんな技術のおもしろい話があるならば、この時代「男性化粧品」を出したらよかったのではないかしら?今やオトコも自分の『外面』も磨く時代。女性以上に雰囲気より商品の内容で選びそうだし、富士フィルムという企業にも親近感があるんじゃないかな?
と老婆心ながらいろいろ考える、久し振りにおもしろいニュース。

もうひとつ、疑問と心配。ネット販売しかないらしいのだが、それは?
いずれにしても9.28の発売って、ちょっと気にしておこう。

| | Comments (48) | TrackBack (0)