« June 2013 | Main | March 2014 »

養生を知る人

Imgp5637

リタイア後かねてから飼いたかった鳥骨鶏を10羽手に入れた。ある日、そのうちの数羽の様子がおかしい、しかも歩けない。
原因は、除草剤。
鶏舎とは全く離れて関係のないところの雑草をなくそうと撒いた除草剤の上を少し歩いた靴で、鶏舎に入ったのがいけなかった。靴裏にほんの少しついてしまった除草剤の毒にやられて、数羽が神経麻痺のような症状になったそうだ。
慌てて医者に駆け込み手当てをしてもらったが、なす術がない。病院で彼らのためにできることは薬を飲まして延命するだけ、と知ったときから、飼い主である横山さんの奮闘が始まる。

糞も出ない、消化、代謝が滞った状態。それは死の近さを意味する。
にんにくやショウガを入れたスペシャルレシピの餌を作り、口をこじ開けて、無理でも食べさせる。動かない足を曲げ延ばしして、運動させる。すると、食べた餌が体内を巡り、排泄できるようになる。さらにリハビリ運動を続け、足の動きが徐々に回復する。さらに養生食を与える。

この細かな養生ケアの結果、完璧ではないが、少しずつ回復をし、歩けるようになった!

鳥骨鶏は真っ白でとてもきれいな鳥。
しかし、まだ重症の1羽は、歩くことができない。動こうとしても足が突っ張って、そのまま横に倒れる。
その痛々しさは見るに耐えない。でも歩けるようになって、一生懸命生きようとしている、救われた子たちのけなげさも、心に沁みる。

人間が楽になるために作られた除草剤で苦しむ、小さな動物たち。


飼い主の愛情溢れる献身で甦るいのちの力。


いろんなことを考えさせられる訪問になりました。


Imgp5639


Imgp5638

この山形長井の横山さんは、循環農法のレインボープランの理事。立ち上げから尽力されて、今もさまざまな活動をされています。オーラを感じさせるような山野草を育てるグリーンハンドでもあります。このように、自然との共生の大切さをよくよく知っていらっしゃるかたでも、この現代は意図しないマイナスを引き起こしてしまうことがあるのです。

けなげな烏骨鶏を見たからこそ、私たち人間のエゴで、そうした自然を蹂躙してはならない、と、あらためて強く思いました。

| | Comments (36) | TrackBack (0)

« June 2013 | Main | March 2014 »