« September 2011 | Main | April 2013 »

苦楽園口・エスキーナ~こんなカフェがほしい

Imgp4342

ドアを開けると、目の前のカウンターがこれ。
阪急電車を夙川から2駅しかない甲陽線でひとつめの苦楽園口で降りて歩くと、ちょっとおしゃれなバーとかカフェとか。。。西宮のイメージと違ってちょっとびっくりしながら行くと、ありました!
(コマチーナ・亀井シェフがご幼少期を過ごされた夙川小学校前、です)

カウンターのスコーンやパンにも目を惹かれますが、奥のショーケースには、ほんとにたくさんの種類の本格イタリアンのお惣菜。

Imgp4341

Imgp4351

奥さんのはねちゃんに選び方を教えてもらうが迷いに迷って選べず、結局”お任せでお願いします!”と言って、着席。

午前中の訪問だから、店内は照明いらずで、外の光を楽しめます。

Imgp4344  

Imgp4346

そこへ、高井くん登場。”うちはヒルから飲めますよ!”とのオススメにしたがって、白ワインも追加。
それでこんなブランチをいただきました!

Imgp4348

朝7時から空いていて、料理もパンも本格派で、中で食べてもテイクアウトしてもよくて、お茶するにも飲むにもいい店。意外に鎌倉にないですよね~。
そして、このすてきなふたりの笑顔。

Imgp4352

鎌倉で評判だよ!と言ったら、鎌倉では知られてるみたいだけど、地元ではまだ知られてないんです(笑)・・・と。
鎌倉のカフェ・ヴィヴモンディモンシュとフィデリテで修行して、関西で独立したご夫婦のお店です。
ぜひ大阪、神戸に行かれる方はお立ち寄りと、地元のお友達にご紹介を!

Imgp4350 エスキーナ
〒662-0074 兵庫県西宮市石刎町7-7
Tel 0798-56-7178
7:15~18:00 水曜休
開店からちょうど1ヶ月目の1月26日に訪問しました。
ほんとにおいしくて、ほっとする時間でした。行ってよかった!


| | Comments (6205) | TrackBack (0)

高野山に上がる

高野山に行って参りました。
すばらしい場所でした。

言わずと知れた密教の総本山。誰しもが一度は行きたい、と思う場所。とはいえ、現代は、観光バスで、すーっと行って、ちゃらっと帰って来られるらしいのですが。
深く考えずに「行きます」と行ったために、雪に閉ざされ、人もいないお山に上がることになりました。
着いたのは夜なので、伽藍もこんな感じでした。厳粛で、涙が出そうになりました。

Sresizedimgp4407

宿泊は、熊谷寺さん。宿坊泊は時折しておりますが、さすが世界遺産で、迎える客のための設備たるや、ほんとうにありがたいものでした。宿坊に限らず、高野山は、私が歩くところ、座るところは、どこもとても暖かい準備がしてあります。
そして、高野山という存在感に対し、宿坊のおもてなしは、心に沁みました。お坊様たちの生活は厳しくつらいものですが、それに比して、山に上がる私たちには優しい。ちょっと驚きでした。
Imgp4441

熊谷寺さんは、熊谷次郎直実が生まれ、法然上人が逗留され、阿弥陀様、法然上人も祀られています。宿泊して、朝のお勤めに参列しましたが、今回は護摩までも焚いていたけるタイミングに恵まれ、大変な貴重な体験をさせていただきました。

Imgp4416  Imgp4420_3

宿坊体験ということでは、精進料理も魅力のひとつです。修行中の小僧さんが運んでくれます。
Imgp4501_3  Imgp4491


高野山は御嶽山のように、山一つ、祈りの山です。ただ、さらにさらに大きく山深いです。

帰りの下山の車からの風景は、またあの景色、御嶽とも下川とも、ドイツの魔女の森とも、似ていました。

Imgp4560

またいつもの仲間と、ゆっくりお山に上がりたい、と思います。お寺の体験プログラムに、私たちのケアメニューもプラスして、ツアーも企画したいです。ぜひ、お一緒に。

| | Comments (48) | TrackBack (0)

ブログを書くこと

去年は、一度も書いていなかった。実は下書きに1つ入っているけど、まあ、いつか完成したら、という内容のもので。

ということで、これからまたブログに文章を書いていってみようか、と思う。

フェイスブックもブログの代わりにはならなかったし、写真だって、きちんと撮っていたのに、日の目をみなくてかわいそうだった。

会社のHPとして使っているタイプパッドもお引越ししなければいけないので、これから春に向けて、ちょっと告知環境を修正していきます。

| | Comments (83)

« September 2011 | Main | April 2013 »