« こまめ【鎌倉・佐助】 | Main | 森のテラスにて、笑いあり、感動あり・・ »

お茶のお稽古【自習編】

今は長くお稽古をお休みしているが、よくしたもので、お道具をたくさん持って今も稽古場に通っている友人が、自習をするから来たまえ、といってくれたので、久しぶりにお稽古三昧。

男性陣は、わたしのように花嫁修業だ、とむりやり行かされるのではなく、自分から趣味として茶の道に入られるので、お道具、掛け物、花、そして歴史、すべてに研鑽を惜しまないので、教えていただくこともたくさんある。ありがたきかな。

そこで、そんなに写真撮って、ブログにでも書くの?と言われたのでそういうつもりもなかったが、あげておく。


Photo_9
青磁の耳付きと聞いたので、白玉椿に照葉(コナラと錦木)を合わせて。銀座の松屋裏の野の花・司さんで親切に教えていただいた。
掛け物は「白雲自去来」。いろいろな意味に読めるそうだ。折々に眺めたい文字だと思う。


Photo_3
最初のお稽古は中置。風炉から炉に移る合間の季節は、ちょっとだけ風炉をお客様に近づけて置く。この心遣いが茶の心と感じるので、いろいろなお点前のなかでも、私はこの中置の季節の稽古が好き。釜の位置のおかげで水差しは細長いものでなければ置けないので、こうした形のものになる。これはオランダ。モダンな柄がすてき。


Photo_6

炉のもっとも基礎的なお手前は、運び水差しで。何もないところに全ての道具を運び入れる。

内炉縁に向かい、茶入れを改める。

お茶を点てる。

袴姿の男性はすてきですね。
あ、お菓子の写真を撮り忘れた!
Photo_7


Photo_10

|

« こまめ【鎌倉・佐助】 | Main | 森のテラスにて、笑いあり、感動あり・・ »

Life」カテゴリの記事

Comments

This site was... how do I say it? Relevant!! Finally I've found something that helped me. Thanks!

Posted by: free music downloads | 02/27/2015 at 18:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19580/46788141

Listed below are links to weblogs that reference お茶のお稽古【自習編】:

« こまめ【鎌倉・佐助】 | Main | 森のテラスにて、笑いあり、感動あり・・ »