« 声とことばと音と香り~融合のチカラ | Main | 広告の真実 »

火に親しむ

ついに電気釜が壊れて買い替えようと言っていたのだが、意を決して「土鍋ごはん」にすることにした。
まあ決するほどのこともない。会社勤めの頃の私なら、お金で時間を買っていたから、迷わず最新式のIH圧力式電気釜、それもたぶん中釜が土鍋とかをヨドバシのネットで注文していただろう。でも、今はおいしさと作るたのしさ重視だから、土鍋とセラミックスのおひつを買った。(でも、ネットで注文だけど・・・)

ちなみに、土鍋の方が電気釜より早く炊けるから、実は時間さえも省エネなのだ。知らなかったけど。

さて、先日の台風の日、前日に土鍋が届いていたおかげで、我が家はしっかり普通に朝ごはんが食べられた。

台風の朝、起きて朝ごはんの仕度をしていると、台所の手元を照らす蛍光灯が消えた。
最初なんのことかわからなかったが、停電だ。とりあえず困ることはないのでそのまま作業続行していると、パチっと音がしてまた点いた。でもまた数分すると、消える。そして入る、が2時間あまりの間に5-6回。冷蔵庫は、溜めている電流があるようで、しばらくは点いていたのだが、数回目以降はさすがに消えてしまった。

困らないと思っていたが、だんだん心配になる。なにしろ湯沸しからお湯が出るはずが、湯沸しはガスのくせに、制御が電気で、点火しない。だからお風呂も電気が止まったら沸かない!うちは雨戸が電動式なので、地震かなにかで玄関とか勝手口がつぶれたら家から出られない!オーブンもガスだけど、制御は電気!床暖房は電気!エアコンも電気!暖をとるには、焚き火だけ??!情報を聞こうにも、テレビもつかない。にわかに知り合いの飲食店さんが心配に。なにしろ大型冷蔵庫いっぱいの食材がだめになっちゃうから。

オール電化は、常々、高齢の方のためのものだと思っている。点けっ放しになったり、加減がうまくいかないで火事を起こしたりする可能性がある方には大事な技術、機能だ。でも、子供のいるおうちはせめてガス台くらいで炎を見ておく必要があると思っていた。それがやはりそうか、と思ったのが今回だ。

私が子どもの頃は台風と停電はセットだったので、台風情報=ローソクの用意=つまり手近なところに灯りの準備をする、があたりまえだった。つまり火がなければ困る暮らしだった。でも、今の子は、電気が消える経験がないから、懐中電灯を枕元に置け、といっても聞いちゃいない。かといってローソクの準備など、もっと遠い話だろう。普通にガスで暮らしている我が家でさえそうなのだから、火を見ずに育ってしまうと、便利に押し流されて、ほんとに必要なときにとても困ることがあるんじゃないかな。

便利が人間を危機に対して弱くする。

とりあえず、朝ごはんのときに、結婚しても若いうちはオール電化はやめなさい、と訓示を垂れるにとどまったけど、備えが大事以上に、コンビニエンスであるがゆえの不便や、忘れてしまった手を使った技能を、もう一度見直す必要があるな、と思った。

いずれにしても、土鍋の朝ごはんはおいしいriceball

Image234

|

« 声とことばと音と香り~融合のチカラ | Main | 広告の真実 »

Life」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19580/46568218

Listed below are links to weblogs that reference 火に親しむ:

« 声とことばと音と香り~融合のチカラ | Main | 広告の真実 »