« 花は野にあるように | Main | No chances , no my life ! »

相模原市立博物館

相模原の町中から少し離れた場所に、市立の博物館がある。

もうすぐ会期が終わってしまうので、学習資料展「なつかしい学校と遊び」に駆け込む。
中学校の社会科教師をしている友人が、昨年から博物館に出向して、本格的に企画した最初の展示なので。
相模原には、なんと小学校が100以上もあるそうだ。その昔は、ほとんど人も住んでいなかったような土地に、戦前に軍用施設ができ、戦後は宅地開発や工場誘致の優先地域になったことで、今や、東京近郊では最大のベッドタウンだ。
市立の博物館というと、埼玉の大宮にあるさいたま市立博物館も大きいそうだが、相模原はさらにその上を行くらしい。建物は、すばらしくきれいで入場は無料。市内はもちろん、県内各地から学校単位の見学も多いとのこと。
しかしそれにしても市の予算は潤沢なのだな、とちょっと否定的に思わざるを得ないくらいの立派な施設だ。

さて、この企画展。
なつかしいのなんのって、自分が小学校時代に見た風景そのままがそこかしこに展示されているのだ。相模原は古くから広い蔵などがある家に長くお住まいの方が多く、ほとんどの展示物は市民からの寄贈によるものだそうだ。
児童の木の机や懐かしい教卓。運動会で履いた地下足袋。当時の献立表から再現した給食。
足踏みオルガンは、実際に弾いてもよいように置かれていた。弾いてみたら、大きないい音がした。

そこのあったのは、木や紙や布で作られたものたち。手に触れて温かみを感じるものだからこそ、懐かしさがこみ上げる。
今の子供達が、大人になって今の小学校生活を思い出すとき、プラッスティックやスチール、電子機器に囲まれた教室を、あったかい気持ちで懐かしい、と思えるのだろうか。

もはや大きくなってしまった娘に、せめて今からでも、手を使ってものを作る楽しさを伝えておきたいな。

|

« 花は野にあるように | Main | No chances , no my life ! »

徒然」カテゴリの記事

Comments

Hi there, this weekend is fastidious in favor of me, because this moment i am reading this enormous educational article here at my home.

Posted by: quest bars cheap | 03/21/2015 at 09:03

This is a topic that's near to my heart... Best wishes! Exactly where are your contact details though?

Posted by: free music downloads | 02/14/2015 at 14:01

Hi, just wanted to tell you, I enjoyed this post. It was helpful. Keep on posting!

Posted by: payday loans no credit check | 02/10/2015 at 23:17

I love it when folks come together and share ideas. Great blog, stick with it!

Posted by: best dating sites | 11/22/2014 at 05:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19580/44883109

Listed below are links to weblogs that reference 相模原市立博物館:

« 花は野にあるように | Main | No chances , no my life ! »