« No chances , no my life ! | Main | いまさら、でもやっぱり♪ »

学生街の喫茶店

大学時代、サークルの連絡所は喫茶店。なにしろ学生運動終焉の時期だったので、学生会館は廃墟でただのハコだった。
サークルの練習場も、音楽長屋と呼ばれる木造の壊れかけた建物で、防音設備などもなく、隣の部屋からはサックスとかドラムの音がガンガン鳴り響き、練習はできるが会話はできない。

文学部門前の「あかね」には、だからもちろん、4年間お世話になった。うちのサークルのほかに、ラグビーや、野球の同好会が入っていて、顔見知りばかりの店。昼はスパゲッティやトーストとコーヒー。夜はお酒。サントリーホワイトメインで、果てはウォッカまで教わった。酔っ払わない酒だといわれ、3人で2本空けたら、翌日えらい二日酔いを初めて経験した。
夜の音楽は、シバさんがいると、中島みゆき。いつもシバさん、暗かった。
そして、私たちはというと、飲んでる間、オーナーのまさみさんの説教を受ける。
きびしー。妥協を許してくれない。知識のなさを、勉強不足をガンガンついてくる。
果ては泣かされる。悪酔いする。家に帰れない。

あかねは私たちが卒業してしばらくして、代々木に2号店を出し、時の流れとともに、早稲田は他の人の手に移る。
まさみさんは数年前、病気で亡くなった。葬儀は代々木のあかねで行われ、もう何十年も会っていなかった常連が続々集まった。懐かしい顔。その場ですぐに昔に戻れるんだ、と知る。ほんとは他の楽しい機会にみんなで会いたかったけどね。

なんでこんなことを書いたか、というと、久しぶりにあかねに当時よく一緒に飲んだ3人組で集まったから。まさみさんの奥さんのヨーコさんが待っていてくれる。
実はヨーコさんも説教体質だ。ヨーコさんは、男子担当だった。
うだうだ飲んでいたら、何と同期男子が先輩二人を連れて乱入!懐かしかったなあ、ほんと久しぶり。当たり前のように、彼らはヨーコさんに、なんだかわからないが、怒られていた。
こんなことがあるから、学生街の喫茶店はこころのふるさと、われらが母校、なのだ。

人と話すこと、人から何かを指摘されること、反論、反省。これって、こどものうちはつらい、でもおとなになるとできない。大学という中途半端な世代のこどもに対して、あれだけ真剣に厳しく話をしてくれたまさみさんとヨーコさんがいたから、ちょっとはおとなになって社会人になれた気がする。今の子たちは、いったいどこでこのレッスンを受けるのだろうか?

まさみさん、つまりこういう人です。
まさみさんの親友であかね常連の柴田さんと書いた本。写真はすべて茜三郎(まさみさんのペンネーム)によるフォトブック。
1冊の著作
Photo


|

« No chances , no my life ! | Main | いまさら、でもやっぱり♪ »

徒然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19580/45040606

Listed below are links to weblogs that reference 学生街の喫茶店:

« No chances , no my life ! | Main | いまさら、でもやっぱり♪ »