« 心とからだに働きかけるボディワーク   ~あいなぎ | Main | 胎内記憶と教育はどちらも大事 »

松輪のさば

こころとからだのために、積極的に休日をとろう、と、とある平日、1日オフにする。天気もよく、ドライブ日和。後ろに富士山を従えて134号を東から南へと下る。目的はたったひとつだから、チューンアップして絶好調のマイカーは『大根畑』の中を疾走する。

それは。
グルメの友人たちがこのところつぎつぎ訪れてはうらやましがらされた、「松輪湾で、サバを食べる!」ということ。

「まつわのさば」は、三浦の松輪湾で一本釣りで釣り上げられる極上のさば「松輪サバ」。
西の関さば、東の松輪さば、と並び称されるそうだ。って、関東人なのに、知らなかった・・。

Wan_3
Photo_7


到着。のどかな松輪漁港だが、生臭い臭いが一切なく、爽やかな海風を感じる。この駐車場の後ろ側が松輪漁協直営の食堂、エナビレッジ

そして。
もうそろそろ季節も終わりだけど、十分堪能しました!サバづくしのコース&金目鯛とまぐろのお造り。サバづくしのコースは
◇なめろう
◇刺身、あぶり、金目の刺身の3種盛り
◇一口ずし
◇焼きサバのお茶漬け
◇デザートは抹茶のムース
Photo_8
Photo_9


サバは臭みがなく、それでいて、しっかりとした味がある。なにより、色がほんとうにきれいなピンク色。なめろうは、サバのものを食べたことがなかったが、絶対に他にない味、と断言できる。絶品は、お茶漬け。おにぎりの上に焼きサバを乗せて、しそやみょうが、しょうがの千切りに出し汁。このおだしがあっさりして、品のいい味付けなのだが、しそなどの香りものがのらなくても、全く臭みなどを感じない。今でもまた食べたいくらい!コースにしかなくて、単品で頼めないのが、また希少感を演出する。
その魚 一本釣りの 重さかな

サバはもうそろそろ季節が終わりで、次にお目にかかれるのは、来年7月の下旬くらい。行ってみればお近く。また毎年季節を選んで行こうと思う。

なにより、景色を眺め、いい空気をすって、そしておいしい、だから楽しい。
ほんとに最高なこころとからだの休息時間になりました。

|

« 心とからだに働きかけるボディワーク   ~あいなぎ | Main | 胎内記憶と教育はどちらも大事 »

Life」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19580/43181190

Listed below are links to weblogs that reference 松輪のさば:

« 心とからだに働きかけるボディワーク   ~あいなぎ | Main | 胎内記憶と教育はどちらも大事 »