« August 2008 | Main | October 2008 »

八尾八幡

Photo_2

今回の旅のきっかけは夕焼け祭り、アクセントはおいしいものだが、目的は実はここ!
八尾にある八幡さまにお参りをした。
といっても地図で見つけて通りがかりに立ち寄らせていただいたのだが。

古びた神社、なぜか寺と隣接。
しかし、鳥居の柱の太さと屋根の重厚さに、八尾の歴史の強さを感じた。

楽しい旅、これがまた明日への力になりそう。Yurai_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北陸うまいもの巡り②

Photo

富山を流れる庄川沿いに、料理旅館川金がある。離れは宿泊客でなくても入れる「鮎の庄」、鮎三昧の店。
※ただし、土日は宿泊客以外は予約ができず、外に並んで順番を待つ。
囲炉裏端で、鮎を塩焼きにしていて、好きな本数を客席の囲炉裏に運んでくれる。最初に炭が運ばれ、恐る恐る、1人2本頼んでみるが、めちゃめちゃおいしいので、追加追加!(鮨と違って、もう本数はここには書かない・・・)
ウルカ、刺身、岩魚のカラアゲなどを堪能したあと、締めは「鮎雑炊」!旅館の部屋付のおねえさんの一押しは、鮎の塩焼きが丸ごと1匹入って最高に美味だった。
ちなみにコースを頼むと、鮎の本数も決まっているらしく、炭はおいてくれないのでちょっとさびしそうだった。

このあと、程よい湯加減の露天風呂でのんびり。温泉宿の満月の夜は、ゆっくりと更けて行きました・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北陸うまいもの巡り①

Yasuke

今回の旅の目的ではないけれど、決して欠くことができないもの、それはその土地ならではのおいしいものを食べること。

だから。
金沢といえば、弥助鮨。
およそ25年前に金沢に行ったときにぶらりと入って、とにかくおいしさにびっくりして、帰京日にもう一度立ち寄った程の店なのだが、何しろ昔で周辺の様相も変わり、場所がわからなかった。104で電話番号を聞き、場所を尋ねて行ってみると。店構えに違和感あるが、入ってみる。すると、出てきたご主人の顔を見て、この店に間違いない、と確信。当時の若旦那が今大旦那になって、出迎えてくれたのだ。
のどぐろ、シマエビ、あかいか、あら、まんじゅう貝、アカニシ貝など、地のもののおいしさの間に、アジ、シャコ、マグロなどおなじみのものも挟んで、食べも食べたり、1人20貫!!
お酒がまた、加賀の銘酒「黒帯」を常温でいただくと魚にあうことこの上ない。
ネタにも、握り方にも、わさびや塩にもこだわるご主人は、こちらの舌とおなかの具合を見て、絶妙な順番で出してくださる。
鮨の話、金沢の話、音楽の話、子どもの話・・・。会話も楽しく、鮨やの醍醐味を全ていただいて、懐かしいひとときは過ぎていった・・・。
金沢に行かれる方は、是非駅からすぐの鮨の弥助、加賀本店へ。今回も写真なしにて、確かめたい方は是非現地で!

| | Comments (13) | TrackBack (0)

夕焼け祭り2008

夕焼け祭りを知っていますか?
私は今年初めて知って、たまたま縁あっていってきました。

北陸は金沢を拠点にして行われるライブ。

ここの実行委員会より、を読んでいただければ背景がわかります。
夕焼け祭り

やーすごかった!うまい!!かっこいい!!!
圧巻は、近藤房之助&木村充輝。
近藤房之助はちびまるこチャンのBB-KING、木村充輝はなんと憂歌団。
60を過ぎてあのギターテクニックと声があるとは、聞いた人でなければ得られない感動。
ムッシュのギター、つのだ☆ひろのドラム、夏木マリと金子まりの声。
どれをとっても、あー、やっぱりこの世代、先輩には勝てない、
とほんとに白旗でした。

来年も絶対に行きます!!

主宰の飛田一男さんが、今少し体調を崩されているのに、
ステージに上がってギターを抱えると、
曲を重ねるごとに元気になっていったのがまた驚き。
後日某所でご一緒に、またちょっとした70年代の音楽の話を始めたら、
さらにさらに強さがよみがえったのを忘れない。
10月にもツアーがあるとのこと。
恐らくあの調子だったら、また元気をとり戻すのも
近い日だろう。

同行者は3日間の日程の初日夜、やー、来てよかった、
もうこれだけで満足、と言ったほど。

私も激しく同意、であります。

しかし、さらに、
to be continued ・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

私じゃない!

最近、ネットの記事の取材をしていただくことが何回かあったので、久しぶりに自分の名前をググってみる。前は、ビジネススクールの紹介と会社のHPが上の方だったが、記事がアップされれば、それが上に来ることが多いので、情報がアップデートされるしありがたい。で、新しい記事もトップの検索ページにあったことを無事確認したのだが、なんとその下に私が”グルメのレビューアー”になっているのを発見!

恐ろしいことに本名丸出しで、ふぐやにコメントをしている。
さらに驚いたことに、行ったことのある店だ。

でも、決して断じて、私は書き込んでいない。だれだろう?私があそこで白子焼きを食べているところを、誰かが見ていたのだろうか?それも20年くらいまえ!!
ちょっと恐くて、その方を辿ることはできませんでした。不思議なことがある毎日です。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

明日葉

おととい長野の飯山から、朝摘みの明日葉を袋いっぱい買ってきた。98円!

昨日の朝・・・おひたし
昨日の晩・・・茎から葉が何枚かついているものを選って天ぷら
今日の朝・・・ゆでて刻んでオクラ(やっぱり飯山で朝どり2袋98円のもの)とねばねばコンビ。納豆にも混ぜたり
今日の晩・・・みょうが(やっぱり飯山で朝どり1パック(大)240円)と刻んで酢の物

完食しました。また写真を撮り忘れました。
なので飯山のなべくら高原森の家でいただいた、山の幸満載のセラピー弁当の画像を。
Imgp5087
気持ちよく、おいしかったです!
地産地消、岩魚の塩焼き・地野菜の煮物・みょうがとオクラのやたら・紫米と白米の混ぜご飯、などなど。

アシタバ(明日葉、Angelica keiskei)
セリ科の植物。日本原産の植物なので、種小名が”ケイスケ”、明治時代の植物学者伊藤圭介への献名だそうだ。(wikiより)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« August 2008 | Main | October 2008 »