« Gex,France | Main | 今日のプロムナード »

リンデンブロッサム

Linden
リンデンの精油は、一度嗅いでから虜になってしまった精油のひとつだ。稀少な精油なのだが、メッセージアロマのブレンドでも、講座でも、ついついご紹介しては、嗅いだ皆さんがファンになるので、うちのリンデンの消費量はラベンダー以上かもしれない。そのリンデンの精油は、最初に買ったマギーティスランドで廃盤、やっと見つけたクインエッセンスも廃盤。その後、フィトアロマ研究所の小島さんにお願いして仕入れていただいて1本購入して、あっという間に使い切ったが、そのときは小島さんのところもまた完売で入手できず。
そして数ヶ月前、ここならあったのね、と友人にお願いしてイギリス・エッセンシャリーオイルズから取り寄せたら、アブソリュートそのまま(つまり固形物のコンクリート状!)が納品されたので、使いようがなくあえなく返品。とにかく手に入らない。
しかしここまで指名手配するとみつかるものだ。灯台もと暗し、六本木ミッドタウンのアロマティークにある!とは、うちのセラピストYKちゃんからの情報。香りもとてもよい!これで安定供給が可能になった。AROMA WIZのリンデンファンの方、お待たせしました!!

そしてさらに。六本木でリンデンに再会して数日後のこと。ここのところ、旧知のおじさまとの遭遇が多いが、また別のおじさまから1本の電話あり。「あのー、リンデンの精油って、どこかで手に入らない?」と・・・。おじさまの奥様はうちのアロマの生徒さんだった方なのだが、彼女が数年前講座で作ったリンデン入りのブレンドが非常によかったことから、ご夫妻でリンデン好きに。そこで、奥様のお誕生日におじさまがプレゼントとして探していた、とのこと。ちょうど見つけたそのタイミングでお電話が来るとは、本当にラッキー。おじさまはすぐその日にミッドタウンへ直行された。ご夫妻の仲良しのお裾分けをいただけたようで、さらにリンデンの香りに感謝したエピソードだった。

リンデンブロッサム(英名・Lime Tree and blossom,学名・Tilia europaea 、和名・セイヨウボダイジュ)
主に花部をハーブティーで飲むことが多くて知られている。鎮静作用があり、安眠にいいという方も多い。ハーブティーにしてもほのかに甘い味と香りが楽しめる。
精油は花部を溶剤抽出したアブソリュートが出回っている。とにかく甘いという表現がぴったりな芳香が、一瞬華やかで強さを感じさせるが、その後不思議に穏やかに心もからだも緩めてくれる。女性にはもちろん、男性にも好まれる。(多分香りのイメージからは、男性に使う方は少ないかもしれないが、私の経験値からは間違いなく男性にもオススメすべき精油だと思う)

数年前、ドイツの「エルフリンデン」と呼ばれるところに行ったときは、花の季節ではなかったので、香りはイメージの中にしかなかったけど。


|

« Gex,France | Main | 今日のプロムナード »

Aroma & Flower Therapy」カテゴリの記事

Comments

はじめまして、ヤマグチともうします。
リンデンブロッサムに興味あります。
というのも一度嗅いでからずっときになっております。
その希少性、高価性から間違いのない購入をしたいと思っております。
おすすめの購入先をご紹介いただけませんでしょうか?
お知恵を頂戴できますと大変うれしく思います。

青森県 ヤマグチ

Posted by: ヤマグチ | 07/17/2015 at 20:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19580/41983696

Listed below are links to weblogs that reference リンデンブロッサム:

« Gex,France | Main | 今日のプロムナード »