« J-WAVEが20年 | Main | 名残りの茶事 »

知り合って9ヵ月から27年まで

Image0090
 
おみやげにいただいた、お花。1月に初めて出会って以来、頻繁にお会いしているK子さんが庭のハーブで作ってくれたもの。中心にある大きい方のピンクのバラは「オーバーナイトセンセーション」。とてもきりっとした良い香りの花だ。向井千秋さんとディスカバリー号に乗って宇宙で開花したことでも有名。この周りに、ローズマリー、ラベンダー、レモンバーム、ミント、さらに紫蘇などが盛られていて、とにかくすてきな「香り」をいただいた。うちのオフィスは、精油がたくさんあるのでそれだけで良い香りなのだが、今日はこのハーブたちのおかげでさらに清々しい。それはK子さんと過ごした楽しい時間が残した香りでもあるからだろう。

その香りの記憶をとどめつつ、お台場へ。昔の上司Y子さんの還暦祝いのパーティーだ。前の会社の集まりなので、当然知った人ばかりのはずだが、中途入社で小さい部門配属だった私は、なかなかそういう場に行くのは緊張を強いられる。あにはからんや250人もの大会場での会なので、さっそくちょっとでも親しい人を探してその影に紛れたりしてみる。
でもそこで私を昔に戻してくれたのは、Y子さんと会社との歴史をまとめた映像が流れたとき。なぜなら、そのなかでは昔からのTVCMが続々流されたからだ。会場内にも、懐かしさに浸る空気が漂う。しかしあれらのCMをすべて知っていたのは、あれだけ会場にいた多くの人の中でもY子さんと私だけに違いない。作ったときの苦労や、その前後にあった様々なトラブルから楽しかったことまで、いろんなことが記憶のなかに呼び起こされた。音と映像は、記憶とともに感情を揺さぶるものだと、改めて思う。先週の講義は広告の機能と役割のパートだったのだが、そのとき短期の記憶にとどまる広告の効果だけでなく、思い出とともに長期の記憶に残る広告の役割についても、もう少し熱く語っておくべきだったか。

さらに、お開き後数名で銀座でもう1杯。それこそ27年のお付き合いになるN先輩を筆頭に、今は皆違う仕事をしているが、何故か公に私に関係は続いている人たち。最近滅多に飲まなくなったバーボンを飲んだが、その香りも、今夜の出会いも、また新鮮に感じるから不思議。
心地よい記憶は、香りや味、映像や音とともにさらに印象深く残るものなのだ、と実感。


|

« J-WAVEが20年 | Main | 名残りの茶事 »

徒然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19580/16648531

Listed below are links to weblogs that reference 知り合って9ヵ月から27年まで:

« J-WAVEが20年 | Main | 名残りの茶事 »