« 日記 | Main | J-WAVEが20年 »

街が変わる

とある1日。

高野山が東京にイベントでカフェを開いた、とのことで、平日の昼に表参道へ。開店時間に合わせて12時の待ち合わせに15分前に到着すると、「今日の特別ランチは終了しました」の声と、50人ほどの行列。確かに以前から新聞やラジオでパブが流れていたし、目玉の「高野山精進ランチ」は20食限定だったからないことではない。今回は、高野山を東京の若い人たちにも知ってもらおうと、南海電鉄が企画したイベントで、期間も限定。できれば法話をお聞きしたいと思っていたのだが、法話は瞑想か写経と一緒になっていて単独では聞けず、整理券をもらう必要がある。さらにスペースが狭いためこちらも人数限定。で、聞くところによると前日の瞑想には、30分前から整理券が配られるのに、2時間前から行列が始まったとのこと。つまり2時間立って並んで、ようやく瞑想や写経をさせていただけたのだ。これなら長谷寺へ行って写経、あるいは武蔵御嶽神社へ行って瞑想もできちゃう時間。いずれにしても、それがかなわないとわかったところで、『フェイク』の曼荼羅がかかり、南海電鉄のパンフレット配布所と化した、会場であるカフェのHy'sさんは辞去した。(こちらのカフェはまた今度食事してみたい雰囲気でしたが。)
御嶽も神社までは急坂を頑張らないと上がれないし、自宅から近い長谷寺でさえ、なかなか階段はきついものだ。
祈りや願いを込めるには、強い思いが必要。安直に出張してもらったところで、という考えは甘かったと反省をしつつ。

同じ頃、先日開店した鎌倉・大町のジャルダン食堂もランチ開店前に10名並んでいたとか。席数14席のこじんまりしたお店が、開店と同時にほぼ満席で、3回転だったらしい。それでも、鎌倉は東京に比べ多少ののんびり感があって、入れないお客さんはまた後で来る、とか、日を改める、とか、混乱もないようだ。なにより、めちゃくちゃおいしい本格フレンチが昼、夜問わず、形式ばらずに楽しめるという店のコンセプトと気どらない雰囲気が、お客さんを和やかにしている気がする。また、『本物』は、一過性でない重みもあり、大事にしたいものだからなのだろう、と思う。
ジャルダン食堂ができて、恐らく鎌倉の大町という町も変わっていくのではないか。ジャルダンのほか、大好きなSugiyamadai-Works、クレープリー アルモリックなど、本格派のヨーロッパ志向の店ができる一方で、老舗の和菓子の大くに、パンの日進堂などの懐かしい風景も入り混じり、町がゆっくりとだが素敵な変化を遂げる予感がする。
Jardin
これは一例、真鯛のロースト。
ほかにも驚きのおいしいものたくさん。


そして夜は自分が約20名の行列の一部をなし「丸の内ナイトウォーク」(ちょっと異様?)。2002年に丸ビルができてというもの、こちらはまさしく瞬時に大変化をした丸の内を、三菱地所の方のガイドを聞きながら自分の足で歩く。昔仕事でよく行き来していたニッポン放送会館と博報堂さんがあった東京ビル、現在のTOKIAは、大きな様変わりに感慨も。そこを皮切りに最近オープンした新丸ビルまでの行程。
丸の内仲通りは、広葉樹を落葉樹に換え、アスファルトを石畳に換え、人が憩えるベンチを設置するなど、季節感と温かみを持たせる工夫がされている。まだところどころにある工事現場の防護壁には、生のグリーンが使われているのも驚きだ、てっきりフェイクだと思ったのに。温暖化対策の屋上緑化も期待大。
普段何気なく通り過ぎていた街を、こうして注意深く歩くと、時代も大きく変わったことを知る。都会の街づくりは、もはや単に機能性と利便性を追求したものではなく、環境にも人にも快適性をもたらすことを求められ、それにより明らかにそこを歩く人にも変化をもたらすようだ。
もちろん、鎌倉に住んで、好きなときに自然に触れたりおいしい食材を手に入れることができる幸せとはまだまだ大きなへだたりもあるけれど、都会に住み働いていても、そのなかでも緑に目を休めたり、落葉に季節の移ろいを知ったり、夜景に杯を重ねたり、といったことが安らぎを与えてくれる時代になったようだ。
文科省の建て替えで、一緒に丸の内に移った文化庁で、先日亡くなった河合前長官が、丸の内に来て職員の顔が元気になった、とおっしゃっていた、という話は、それをそうと知らせてくれるエピソードでもある。
ここでも、形だけのエコ、無理に飾られた造花のような作り物ではない、『本物』が、ほんとに疲れた都会人を癒してほしいな、と思った3時間の夜のお散歩だった。


Dsc00876_4

ここはロンドン、でも丸の内もちょっとこんなイメージに。

|

« 日記 | Main | J-WAVEが20年 »

Life」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19580/16465335

Listed below are links to weblogs that reference 街が変わる:

« 日記 | Main | J-WAVEが20年 »