« May 2007 | Main | August 2007 »

06/15/2007

Sanctuary !

Dsc00801

サンクチュアリーはラテン語のsancturiumを語源とする、「神聖な場」という英語。ここに由来する言葉は他にsaintなどがある。これはちょうど1年前に行ったチャリスの井戸のガーデンの中のサンクチュアリー。静かでとても風が心地よい場で、どれだけ長い時間座っていても飽きない、懐かしさも感じさせてくれる場所だった。

そして1年たった今日、またサンクチュアリーに行くことに。サンスクリット語で神聖な場ということば、”Ayatana(アーヤタナ)”という名をもつヒーリングスペースのオープニングセレモニーだ。友人のmeenaさんが、うちから程近い藤沢に、アーユルヴェーダはもちろん、ストーンセラピー、アロマセラピー、ロミロミ、リンパドレナージュも受けることができるサンクチュアリーを作ってくれた。そのお祝い。部屋はmeenaさんらしい、温かみのあるしつらえ。もちろんアーユルヴェーディックなお料理をたくさん、おいしくいただきました。
とても落ち着きくつろげる部屋で、梅雨入りしたにもかかわらず爽かな日差しを感じながら、新月の瞑想を数人の仲間とすると、街の喧騒などはまったく感じない不思議な空間になる。セラピストの思いは店の名前にこめられているが、それ以上にそのスペースに、形にはならないがもてなしと癒しの心を込めることで、その名前にふさわしい場になってゆくのだな、と思った。おめでたいことのお裾分け続きだからか、なんだか幸せな新月の夜。

Ayatana Healing Space

Imgp1510
Imgp1509_1
Imgp1515


06/14/2007

HONOR !

広告の世界にもがある。ACC賞、TCC賞、ADC賞とか広告電通賞などなど。広告の世界の人間は、「賞をとったところで、売上に貢献しなければ意味がない」とか、「賞狙いの作品なんか作りたくない」と言って、賞を受賞しても、あまり喜んだ顔をすることはない。以前の仕事場でも、何度か賞を取ったが、社内的にも社内報に軽く記事が載るだけで、サラッと流してきたものだ。

広告賞の中でもワールドクラスの3大賞は、カンヌ国際広告賞、クリオ賞、ONE SHOW。それと並び賞されるものに、「ニューヨークフェスティバル」がある。
そのADVERTISING AWARDS で我が友人がブロンズに輝いた!今はまだHP上でもファイナリストのリストがアップされているだけで、受賞者リストは掲載されていないが、今まさにニューヨークでショーが行われ受賞が発表されているところなのである。
そこで、昨夜は(ニューヨークではなく、青山ママスで、ニューヨークっぽいメニューをお願いして)内々の祝杯をあげた。彼は、とても嬉しそうで、こちらもさらに幸せな気持ちになった。そのときに彼が言った一言。「賞なんて、意味がないものだと思ってきたが、自分を囲んで支えてくれた人たちのことを思うとき、受賞は心から喜ぶべきことだ、と知った」、と。それを聞いて私が思ったこと。広告賞は、広告の本来の目的ではない、だからみな、軽く流す。でも、広告をつくる人の、「常によい仕事をしたい」という目的に対しては、それは大変な栄誉なのだ。
これまで軽く流してしまった賞たちにわびる気持ちを持って、昨日はその分も、心からお祝いをした。

彼は、我が社のロゴをデザインしてくれたグラフィックデザイナー。
Flosvitalogo_1
このロゴを褒めてくださる方がいるたびに誇らしかったが、これからはもっと誇らしく名前をいうだろう。

ごめん、渡辺くん、まだ内緒なのに書いちゃったよ。
彼を知っている人は、お祝いしてあげてください!

06/12/2007

鎌倉の花便り

Imgp1453
久しぶりにオレンジのほうのハイビスカスが咲きました。他にもちらほら蕾が見え、夏が来るのを知らせてくれています。

Imgp1460_1
講座の生徒さんが今週末紫陽花を見に鎌倉に来るそうで、状況を聞かれました。きっとよい頃合ですよ、とお答えしましたが、我が家もこんな感じに満開です。お天気次第できっと楽しめるでしょうね。

Imgp1456_2
今年は白がことのほか冴えています。
Imgp1457_2
これは、なんだか、神代植物公園のローズのブルーバユーを思い出す、深みのある色です。

06/10/2007

クリエイティビティ

Tikis_1


刺身の盛り合わせ、カツオとブリ、そして本日のお勧めマコガレイ。
マコガレイは薄造り、皮のの湯引き、肝和え、えんがわに加え、中央のグラス!
マコガレイの出汁のジュレが添えてあった。この土日は他にもおいしいものがたくさん。

06/09/2007

むくみが取れる!

【メンタル&メタボ状況】
昨夜は、週末とあって、家族と海の見えるお気に入りのバーで夜中の1時過ぎまで痛飲。最後のおつまみはオニオンフライで、店のつかさくんからも、「珍しいですね、どうしたんですか?」と言われるように、禁じ手の深夜に油モノを摂取。
1週間を振り返るでもなく、でも、あー終わったなー、と、よかったことも辛かったことも一応確認する時間は、なかなか大切かな、と、最近は割と毎週末こんな感じでのんびりしている。

【対処と結果】
で、朝。
もちろん全般的に「おもたーい」感じだったので、以前作ってあった、大好きな香りのサイプレスとクラリセージに、大嫌いな香りのラベンダーをアルコールにブレンドしたものを、武蔵御嶽神社の「御神塩」に混ぜて朝風呂。要は、アロマバスだが、効果覿面であった。じんわり発汗をし、入浴中に、からだが絞れて軽くなる実感あり。神様の塩のおかげか、アロマのおかげか、恐らく両方だが、体重も入浴前に比べ1㎏減!気分もすっきりであった。
ちなみにその後もったいないからと同じアロマバスに入った家族からは、昨晩の飲食後に比べ体脂肪が5%落ちた、との報告も。

やっぱり、御嶽とアロマ、えらいパワーだ。

Aronabath


« May 2007 | Main | August 2007 »