« 桜の開花予想にみるアート、再び | Main | OZの鎌倉 »

曇っても鎌倉の春は花

Haru
日本の春はやはり桜。不思議なことに、ある日突然ピンク色になる山膚に驚く季節。

Sakurabotan
桜と牡丹が同居するのは、今この時期ならでは。

Mitumata
ジンチョウゲ科のミツマタ。小さい花がまとまって凜と咲いていた。学名・Edgeworthia chrysantha、お札の原料と昔習った「コウゾ、ミツマタ」のミツマタ。春の始めに咲くことから万葉の時代から「サキサク」と呼ばれ愛でられていたそうだ。

Akamitumata
こちらはあかいミツマタ、赤花三椏(アカバナミツマタ)。

Shaga
シャガいう花は初めて見た。アヤメ科で、アヤメの3分の1ほどの大きさの花が愛らしい。どの寺にも咲いていた。学名が Iris japonica 日本のアヤメというので、さらに近しい気持ちに。

Minamo
曇っていても、桜の花は水面に映る。そして、悲しいことがおきたとしても、春は明るい日ざしをもたらす。

|

« 桜の開花予想にみるアート、再び | Main | OZの鎌倉 »

Photo Album」カテゴリの記事

Comments

>plumeriaさん
これで晴れていればもっといい風景でしたけどね。
でも楽しかったですね。

Posted by: 京香 | 04/06/2007 at 10:05

写真、いいですねぇ。
香ってきます♪

私もはやくupせねば!
またご一緒してくださいね。

Posted by: plumeria | 04/04/2007 at 17:40

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19580/14501633

Listed below are links to weblogs that reference 曇っても鎌倉の春は花:

« 桜の開花予想にみるアート、再び | Main | OZの鎌倉 »