« December 2006 | Main | February 2007 »

森の生活、奈須さんのことなど

おととし訪問した北海道の下川から、NPO森の生活の代表、奈須憲一郎さん(以下ナスケン)を、ようやく東京のみなさんに紹介できる機会を設けることができた。昨年末からアロマセラピスト同士の情報交換ワークショップを始めたのだが、その第2回にスケジュールが見事合って講師を務めていただけたのである。

下川ではナスケンはコーディネーターで、実はあまりゆっくり話ができなかった。その後一度横浜の森で森林療法の体験講座があり、そのとき「下川から帰って、その後どれくらい森に入りました?」と聞かれ、それがとてもひっかかっていたこともある。でもその時の再会がご縁をつなげてくれ、今回は終電を逃すまで(!)ゆっくり話をすることもできた。ナスケンとの再会まで、ほんとにたまにしか森には入らなかったが、それでも森が少ない東京で、仕方なくせめて緑がまとまっているところではとりあえず余分にうろうろしてみていたが。
今回のワークショップの話は実際に森に暮らし、多くの都会の人間を受け入れ、森の暮らしのよさを伝え続けているナスケンの今の思いをしっかり話してくれたと思う。だからこれからは、緑にうろうろではなく、もう少し積極的に森に行こうと思う。

ここでいう、自然の森は、人と共生する森だ。自然が大事、といっても、人や動物や、そして木々も生きていく限り、共に暮らすために、人が森に入り、森に手をかけていく必要がある。でも、あくまでも無理のない範囲で。例えば、洗剤はヤシの実から作られたものが、環境に優しい。でも、そのヤシの実を作るために、山を丸刈りにしてヤシだけ植わった山を人間が作ってしまったとしたら?森には複数の植物があり、たくさんの動物がいるのが当たり前だ。でもヤシだけの森には、ヤシの他には管理者たる人間しかいないのだ。これは手をかけるのではなく、あきらかに自然の蹂躙だ。ヤシの森の1枚の航空写真から、「ひとつひとつの商品を使ったりするときに、産地の様子を思い浮かべてほしい」、というこのエピソードの紹介は、都会に暮らす私にとって大きな衝撃だった。薄いマスコミやネットから単純に得る知識だけでなく、森の体験と重ねることで、自然に近づいていけるのではないだろうか。だから森に行こう。

ちなみにナスケンは名古屋の出身、都会のひと。下川になぜかはまり込んでしまった。そのときには地元の人たちとの共生も大事な仕事だろう。ナスケン以外にも、外から来て下川のとりこになって頑張っているひとは、多いそうだ。でも偉大な森をたくさんのアイディアで守り広げていくには、人手はまだまだ全然足りないらしい。今交通広告で「リクルートのキャリアビュー」という広告で、3年限定でリクルートで働いてみないか、というのを見かけるが、下川にも3年限定でもそこで楽しく働いてくれる若者がいたらいいのに。可能性と得られるものはすごく多いところだと思う。

ああ、でも、この10年で浜がとても狭くなってしまった一番身近な自然、七里ガ浜も心配。海の生活も大事にしたい。

1_1


ナスケンが置いていってくれた「新月伐採の北海道モミの枝と受け口」


余談・同じお話を聞いても、みんなひとりひとり違う表現でブログを書いているのも、興味深い。

| | Comments (105) | TrackBack (1)

シャンパーニュ~大人の嗜み

シャンパンは食前酒だと思っていた。それに、好きだけどおなかいっぱいになりそうだし、さらにやっぱりからだにいいのは赤ワインでしょ(『あるある』的知識??)、などもあり、ちょっとよいお食事のときに、1杯飲むくらいの存在だった。

シャンパーニュの嗜み方講座に参加する機会を得た。いやー、すっかり、シャンパーニュ・ファンになってしまった。奥深くもあり、でもワインみたいに複雑ではない。それに先生が素敵だったり、おいしかったり、ということで、ちゃんとした講座にも通いたいと思っている。

へー、と思ったこと。
・シャンパーニュ(シャンパン)は、フランスでもシャンパーニュ地方で作られたものしか、そう呼ばない。(スパークリングワインはフランス以外のものかと思ったら、違っていた!)
・シャンパーニュはいくつかのワインをブレンド(アサンブラージュ)して作られるもの。だからスタンダードクラスのシャンパーニュは、そのブランドの味があるので、毎年毎年様々なワインをブレンドしてフラッグシップの味を守るそうだ!なんて大変な作業?!ワインの味はぶどうの出来とかで毎年左右されるが、それとはまったく製造のコンセプトが異なることは驚きだ。
・シャンパーニュは黒ぶどうも使う。なのに何故白い?それは、皮や種の色や渋みを出さないように、静かにぶどうを搾るから。そのため、「悪酔い成分」がワインに比べて少ないのだそうだ!
・シャンパーニュのメゾンは2-300あるが、ひとまず2-30を覚えればとりあえずそれなりの話ができるレベルだそう。これなら、ちょこっと頑張れそう。

これだけ聞いて、飲まない理由はないだろう。
講座ではルイ・ロデレールとスペインのスパークリングワイン・カヴァを飲み比べたが、今日はフツーのモエ・エ・シャンドン。日本で無駄に消費されているドンペリのスタンダード・クラスだというのも、初めて知ったくらい、これまで無知だったけど。
Photo_1


 

| | Comments (16) | TrackBack (0)

日常生活におけるメディアの力

年末から、ご難続きだ。
お気に入りの店が次々とメディアにとりあげられる。
そう、行きたいのに入れなくなる!のである。

クリスマス前に、元町の毎月行っているフレンチレストランがテレビで紹介された。クリスマスの直前から、そのためだけにバイトを雇わなければいけないほど、途切れる間もなく、予約の電話がかかったそうだ。ちなみにこの店は、12月21日以降はテレビ放送以前から満席だったとのこと。でも断りのために、バイトとは、災難ともいえるかも。
次は年明け早々、雑誌で湘南のお気にいりのお店が、なんと企画のトップページに1ページで掲載された。あろうことかお品書きにのせていない裏メニューが満載のため、雑誌を持ってきて、それを指差して注文する人続出。入れないどころの騒ぎではない。開店前に並んで入っても、まだ私も食べたことないこれらを頼む人の波に押され、そそくさと店をあとにせざるをえない始末。
さらに同じ雑誌に鎌倉のお店も出てしまった。ゆっくり仕事にいける日に駅前でお昼を食べて横須賀線に乗ることが多いのだが、仕事が早い店主さんのおかげでいつもおいしく食べて、電車に間に合う、嬉しいお店。そう、ここも雑誌を携えて並ぶお客様の姿が・・・。

そして、先週、テレビを見ていてわが目を疑った。西麻布のお気に入りの隠れ家割烹が、街の巨匠だ!!もうだめ、行くところがなくなった・・・。

ところが。
いえ、まだまだ続くらしく、昨日はまた雑誌で、渋谷の気さくな酒よし、麺よしのお店が、なにやらのナンバーワンとして紹介されているのを発見!!

あー、今年はもうおいしいものを食べにいけないのではないか??
でもそれは私がそれほど良いお店に早くに出会っていた、ということなのだろう。常連としては、その良さを認める人が多くなったということは本当に嬉しい。独り占めする気はないから、お友達には極力紹介してお連れしている。でも、みんなリピーターになってくれるし、それもあってか徐々にいつも満席になるようになってきたから、これ以上宣伝しなくてもいいのに、と思ってしまったりもする。

広告が効かない時代だ、とか今年は雑誌の広告費もネットに抜かれる、とか、あちこちでしゃべってるから、逆襲された感じである。恐るべし、メディアの力。
まあ当分波が引くまで我慢我慢。

(くやしいから、ブログに店の名前は書かない、親しいお友達だけ連れて行くのは変えない。だから出たメディアにだけ、恨みがましくリンクしてみた)

| | Comments (12) | TrackBack (0)

太りにくいからだとは

昨年6日間寝込んで、食事もままならなかったため、やせた。その後しばらくは食べる量が落ちたこともあり、体重が増えなかった。正月を経て、徐々に飲み食べる量が戻ったのだが、増えない!倒れる前、空前の体重圏に突入しつつあったので、このやせて増えない状況は、大変喜ばしい。

そこで仮説。
「ある一定の体重までであれば、食べる量が一定期間内で同じであるとき、体重の変化はない。(すなわち、ある日食べ過ぎても、翌日も大食いしなければ、体重は戻る)」
逆に考えると、「ある一定の体重を超えると、食べる量が一定期間内で同じだとしても、1回に食べる量が多い場合、1回ごとに体重は増加する(すなわち、多く食べた次の日に食べる量を減らしたところで、体重はもはやもとには戻らないで食べるごとに太り続ける)」

そして発見。 「今の体重は脂肪が燃えやすい状態か燃えにくい状態か」が判定できるページ。なんと、私の「ある一定の体重」と思っていた数値は、まさに燃えやすいと燃えにくいの中間に位置している!!
数字の出し方は自分の性別、身長、体重、年齢を入れて、基礎代謝量を算出。それを今の体重で割って出した基礎代謝基準値が、表の数値よりも大きければ燃えやすい=太りにくい=ちょこっと食べ過ぎても頑張れば戻る、ということ。逆に値が小さければ脂肪は燃えにくいので、体重が戻りにくい、太りやすいということ。

基礎代謝量から必要カロリーを算出してカロリーコントロールするのは面倒なので、自分がどのあたりの体重なら努力が必要になるか、を押さえておけば、多少の肥満は防げそう。基準値を超えそうになったら、運動するか食べる量を減らそう、と決めた。むりくりやせる必要はないけど、基準は知っておいたほうが、文字通り身のため、ということか。

| | Comments (46) | TrackBack (0)

新年早々、終わらせる

Imgp0326_1


2006年12月31日は16時37分が日没。
七里ガ浜は、日の出より日の入りがきれいだと思うのだが、大晦日の日没をきちんと見に行くことができたのは、今回が初めて。沈む夕日に感謝して、楽しかった2006年を送った。

そして昨日1月3日は満月。新月に願いをかけて新しいことをはじめるのは最近よく知られてきている(はやっている、とも?)が、アトランティスの言い伝えによると満月の日に物事を終わらせることも大事だそうだ。確かにいくつも並行してやってもいいことはない。終わりがあるなら始まりもあるかな、ということで、昨日の夜はいくつかのことの終了宣言をした。終わったことの内容はともかく、これから始まる新しいことに意欲が湧いてきたような気が。明日は楽しい仕事初め。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »