« September 2006 | Main | November 2006 »

ギャラリートーク ダリ展

今上野にダリが来ている。生誕100周年記念 ダリ回顧展 ~上野の森美術館にて、来年の1月4日まで。

先日の嵐の夜に、このダリ展のギャラリートークに参加する機会に恵まれた。特徴的な口ひげと奇行で、そのシュールな絵は、さらに謎に満ちて感じられる奇才。私の中では異次元の人であり、パリのモンマルトルのダリ美術館には入ったが、娘が入りたいと言ったから連れられて、というのも、もう既に8年の前のことになる。

最初に、ダリは奇才として語られることが多いが、実は絵描きとして非常にすばらしい才能を持っているので、今日はそこもじっくり見てほしい、との話があった。閉館後の時間帯を使って行われたこのギャラリートークは、シュールレアリズムの研究で名高い東京造形大の岡村多佳夫教授が、構図や技法、作品の背景だけでなく、ダリその人の生まれ育ちから、人間関係、生活など、様々なエピソードを交え1点1点解説してくださるという贅沢な内容。大きな絵の前にたった一人立って見ることもできたし、ダリが客人を迎えたとき必ず勧めたという地元のスパークリングワインのカヴァも味わった。
そして、その3時間の間に、私はダリの絵にも、ダリその人にも、すっかり虜になってしまった。

ギャラリートークは最近多くの美術館が、教育普及活動の一つとして取り入れ始めているそうだ(今朝2006年10月21日付日経朝刊終面・「文化」の記事による)。単に作品をモノとしてだけでなく、それを見る人との関わりで理解すべきだ、ということで、「アートとは、作品と見る人との間に起こる不思議なコミュニケーション」だとも(同記事・京都造形大・福のり子教授)。
解説を読みながら絵を見るだけなら、単に感性ではなく情報によって作品を理解しようという作業だ。私の苦手だった昔の美術の授業は確かそのようなものだった。でも、このようにギャラリートークの形式で、様々な情報を得ながら複数の人と語り合い、アートを介したコミュニケーションをはかることは、感性を刺激する機会として、貴重なものだと実感した。

そして、ダリを見ながら、ダリのバッチフラワーを考えていた。
ミムラス、ヘザー、スター・オブ・ベツレヘム、ホリー。
でも、ダリはその苦しさや迷いを、愛する妻ガラに委ね、それを通して全て作品に表出していたのだから、きっとレメディは必要がなかったろう。
そう思うと、それはまた、作品に投影された天才の強さと弱さを感じるような気がしてくるから、絵を見る楽しさをふくらましてくれる。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

富士山が見える季節

七里ガ浜から江ノ島を望む場所は、絶好のシャッター・ポイントらしく、夕方には多くの人がカメラを構えている。
って、実は私の海の散歩はたいていが午前中なので、これほどの人が集まるとは知らなかった。ちょっと割り込んで1枚、撮る価値はあったかな?

Dsc01385

クリックして大きくして見てくださいね!


ここからは富士山がとても大きく見える。葛飾北斎の富嶽三十六景にも相州七里浜があるように、富士見の浜としては昔から好まれたところだが、今は春から夏の季節に富士山が見えることはめったにない。霧やもやもあるだろうが、空気も汚いのだろう。それだけに、このような影であっても富士山の稜線がくっきり見えると、「秋が来たのだなー」と知ることになる。
これからはもっとくっきり見えてきて、さらに冠雪によって富士山が冬の訪れを告げてくれる日ももうすぐやってくる。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

久し振りの母校あれこれ

昨日は、久し振りにお堀端の最終学歴にその名を刻む母校へ。いつもこの用事の時は春休みか夏休みだったので気を抜いていたら、なんと今回は、普通の学期中。こんなことなら、恩師に事前にご連絡してお会いするべきであったと思いつつ玄関を入ろうとしたら、K先生とバッタリ(相変わらずスタバのカップをお持ちでした)。ますます、T先生、ご挨拶に伺わずすみませんモードで、玄関を入る。
ここに来るのはいつも「お勉強会」のとき。卒業以来途切れず半年に一度、数人が問題提起のプレゼンをして質疑応答をする会だ。最初は、専攻が違う人たちと議論がかみ合わない感もあったのだが、最近はむしろ全く知らない業界の経営戦略などをホットなうちに聞けることが何よりの刺激となって、結局毎回休日一日をつぶして参加している。今回は製紙業界と食材工場の技能形成、そして化学メーカーの経営戦略、非常に面白かった。このような内容が続いているのでそろそろ次回はこの勉強会を行なうきっかけとなったN先生の登場もありそう。

先週は、皇居脇にある女学校の母校のクラス会が、何故か都の西北にあるもうひとつの母校の街で行なわれた。
この2つの学校は、学んだことは数々あれど、勉強はしなかったな・・・。

だから今、失われた時間を埋めるために、勉強会と言われると、うきうきでかけてしまうのかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »