« May 2006 | Main | July 2006 »

06/23/2006

DOM In Koeln

6.22 ケルン―ドルトムントは1時間6分・・・

Dom

06/20/2006

キューガーデン

バラが満開!!
天然のバラの芳香浴を、明るい陽光の下で。なんて幸せな時間♪

Dsc00713

Dsc00718

Dsc00719

Dsc00720

写真をクリックすると、大きい画像をごらんいただけます。

ニールズヤード・・・

コベントガーデンです!開店前。

Dsc00841

グラストンベリー修道院

確かに廃墟なのだが、今でもここではミサが行われている。形が壊されても、気持ちは強く残るものだということを、聖歌の美しい声が教えてくれた。

Dsc00816

→グラストンベリーについてさらに詳しく

06/19/2006

ここが!

グラストンベリーの丘です!

Dsc00808

チャリスの井戸

サマセット州のグラストンベリーには、今も汲めども尽きぬ、ヒーリングウォーターが沸き続けている。わたしがグラストンベリーの丘に登るときのエネルギーウォーターとしても大活躍。
手足をつけると凍るような2℃の水の感触と太陽に祝福された光のきらめきは、極上のタッチングだった。

Dsc00805

Dsc00804

Dsc00802

Bath 神の宿る温泉

Dsc00788

イギリス・サマセット州バースには、イギリス最古のローマ風呂がある。
日本やドイツの癒しの温泉と違う感じを与えられた、神からの授かりものといわれる温泉は、さながら神殿のよう。さらに今は使われていない廃墟。人がいてこそ癒し、続いてこそ文化か。

旅の記録

14日に旅に出ました。
今はロンドンを起点に、イギリスの国内何カ所かを巡っています。
数日後からはドイツ、最後にフランスに寄って2週間余りの旅を終えて帰る予定です。

日本から遠く離れたところでパワーをもらうための旅で、パソコンや携帯から離れた生活も考えましたが、むしろつながっている人たちが一緒にこの旅を楽しみにしてくれていたことを考えて、思い切って、携帯を国際ローミングできる3Gに買い換え、ノートパソコンも新調してみました。

でもうまく使えず、16日の携帯からの投稿は接続不良と、写真横向きというアクシデント。今日ようやくホテルの回線がつながって、世界中に恥ずかしいブログを発信していたことを知ったのでした。

たくさんのおみやげ話や、ちゃんとしたレポートは帰国後ですが、まずは旅行中できる限り写真のレポートをちょっとずつ上げて行きます。コメントもいただければ、次に反映させていきまーす。


と、今日はクロアチア戦後に書き込んでみました・・・。はー・・・。

06/17/2006

今まさにバッチセンター着!

Dsc00746_1


写真修正バージョンです・・・
クリックすると拡大します!

06/10/2006

裏の紫陽花

今年も紫陽花が咲きました。紫陽花は強いので、切り花の端っこを刺しておくだけで1年後にはきれいな花を咲かせます。不思議なことに、今年はちょっと白が多いかな?最近青い花が減っているような気もします。


« May 2006 | Main | July 2006 »