« もうすぐ雛まつり | Main | 効いた! »

卒業式

厳粛に、決められた形式で行われるはずの卒業式。
卒業証書を授かる生徒の名前がクラスごとに担任から呼ばれ、授与の儀式に入る直前、「先生!!」という大きな声がけに、みなビックリ。そして、クラス全員が唱和する。「お世話になりました、ありがとうございました!!」1組から始まり、各クラス、返事の仕方、立ち方にも工夫を凝らし、「先生、大好き!!」と叫んだクラスもある。校長から卒業証書を受けとるクラス代表は、被り物やパフォーマンスで卒業証書を受け取り「フォー!」まで飛び出す。
式が終わって来賓・先生方が退場したあと、緊張の司会を担当されていた先生がひとり残り、「いい卒業式だったよ」とマイクを通してひと言。どうもこのような卒業式になったのは初めてらしい。しかし、生徒たちが自分たちの言葉と方法で「ありがとう」といって旅立つ卒業式は、本当に楽しく、感動もあった。
用意する側である、学校・先生側の意図からはなれ、自分たちで自分たちを祝う、というこの流儀、明るくておもしろいけど、成人式でみる暴走の光景もこんなのりから来ているのかな、と一抹の不安も覚えたのも事実だが。でも根底に感謝と親しみがあれば、同じような振る舞いに思えても、温かい場に変わる。

そんなちょっと満たされた気持ちとともに、私にとっても最後の登校日が終わった。もう子どもの学校に行くこともなくなった、今日は子育ての卒業式だ。

|

« もうすぐ雛まつり | Main | 効いた! »

徒然」カテゴリの記事

Comments

子育て、というより、じつは子離れかも。
もうこれで言い訳がひとつもなくなったので、これからは否応なく仕事三昧に突入しなければならないかもしれません・・・。

Posted by: 京香 | 03/05/2006 at 23:38

お嬢様、ご卒業おめでとうございます!
卒業式も変われば変わりますね。私の小学校の卒業式の話。「仰げば尊し」でもなく「蛍の光」でもなく「今日の日はさようなら」を歌いたいという希望を出した異色の学年でした。それだけで非難ごうごうでした。もう30年近くも前の話。

それにしても「子育ての卒業」。私には到底想像がつかず計り知れないものですが、感慨もひとしおと思います。

働きながらの子育て。やはり尊敬です。まだまだ未熟者と我が身を振り返りました~。

Posted by: プルメリア | 03/04/2006 at 20:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19580/8939090

Listed below are links to weblogs that reference 卒業式:

« もうすぐ雛まつり | Main | 効いた! »