« ジョンレノンが死んだ日 | Main | 青一界隈・なくてはならないもの »

ヤドリギの下でキス

ヤドリギ(Viscum album)は、古くからヨーロッパの文化になくてはならない植物だ。特にこのクリスマスシーズンは、各家庭の軒先にヤドリギのを束ねて飾る風景がある。

薬用植物としては、主に循環器系に良いとされ、血圧降下の目的でも用いられるほか、ルドルフ・シュタイナーがガン患者に推奨、調剤したことでも知られている。「天の香り」さんのページで詳細に紹介されていて以前から興味があったのだが、今回、サクラの病気を研究されている植物学者であり、ヤドリギ研究家でもある田中潔先生のお話を聞く機会に恵まれた。田中先生のヤドリギモチーフの収集数たるや、すばらしいものがあり、ヤドリギそのものの写真はもちろん、紙ナプキン、ブローチなどの装飾品・エルメスのスカーフとその箱(?!)から、ディズニー映画の中のシーンまで、ありとあらゆるものを披露してくださった。エネルギッシュで楽しそうな田中先生のご様子は、ヤドリギに薬効そのものもあるが、ヤドリギを世界各地で探すこと自体、生命力を強くするキーになるのでは、と思った。

閑話休題。
ヤドリギの下でキスをすると幸せになる、ヤドリギの下にいる女性にはキスをしてよい、という言い伝えは、ほほえましいものがある。意外に日本では知られていないのか、看過されることが多いと思うが、田中先生のコレクションにも、ミッキーとミニ-、ドナルドとデイジーのキスシーンの上にヤドリギが描かれているものがあった。クリスマスファンタジーのパレードでも、キスはヤドリギの下でするらしい。数年前のアメリカでのアンケートにも、「ヤドリギの下でキスされたい」男性・女性は、と聞いているものがある。ただ、邦訳して掲載した人には意味がわからなかったらしく、俳優の人気投票的な記事になっている。
だから、「ママがサンタにキスをした」というクリスマスソングの日本語バージョンにも、大きな誤訳が。
和訳では、「サンタはパパだった」でちゃんちゃんになっているが、これは大きな文化の取違いである。原文はママはヤドリギの下にいてサンタとキスをしたので、こっそり見ていた息子は、「パパが見たらビックリしちゃうよ!」といっているのだ。ヨーロッパ人はこのヤドリギの言い伝えを歌にしたはずである。でも、仕方がない、ママはヤドリギの下にいたから、という歌なのだ。しかし、日本人は!訳者が「ママがパパ以外とキスをするなんて、いかん」「サンタがパパだったことにすればいいだろう」と思ったかは知らないが、そのおかげで日本では、ヤドリギの伝説も伝わらず、さらにサンタはパパが演じるもの、になってしまったのではないか。日本人的倫理観を大事にしたい気持ちもわからぬではないが、他国の文化を蹂躙して、さらに子供の夢を壊すとは。罪作りな歌だと思う。

さて、今年はヤドリギを隠し持って、クリスマスの街に繰り出そうかな??

|

« ジョンレノンが死んだ日 | Main | 青一界隈・なくてはならないもの »

徒然」カテゴリの記事

Comments

I am extremely impressed with your writing skills and also with the layout on your blog. Is this a paid theme or did you customize it yourself? Anyway keep up the excellent quality writing, it's rare to see a great blog like this one these days.

Posted by: เสื้อผ้าแฟชั่น | 06/12/2015 at 09:34

>田中先生
拙文が検索にかかってしまったようで、申し訳ありません。ご訪問いただき、重ねてお礼を申し上げます。
私はあのあと、フラワーアレンジをやっている知り合いに、ヤドリギの束を作るのにどこで入手できるのか、メールを送りました。返事がまだないのですが、楽しみです。

>プルメリアさん
今度英語の歌詞、見てみてくださいね。著作権ありかと思って、書かなかったけど。

Posted by: 京香 | 12/12/2005 at 19:37

 セミナーにご参加いただきありがとうございました。あの日は、セミナールームの斜め向かいの居酒屋でお酒を飲み、池袋に泊まり、翌朝、目白の切手の博物館で、イギリスのヤドリギ切手とカードをゲット。西武デパートでヤドリギのついたマグカップとお皿、イルムス館でボトルとグラスを買いました。
 切手の博物館に行く前に、学習院大学の構内(正門前)で、見事なムクロジの大木と鈴なりの果実を写真に撮りました。まだ、黄葉した葉が多いので、1月になれば、果実がよく見えるようになるでしょう。果皮にはサポニンが多くふくまれています。中の黒い種子は羽根つきの羽根の玉になります。

Posted by: 田中潔 | 12/12/2005 at 16:21

へぇ~~~~~!!!!
トリビアです。20へぇ(笑)!

童話などもまったく違う解釈のものとかありますよね。確かあかずきんちゃんは、あかずきんちゃんも食べられてしまう結末だったような・・・。けっこう残酷なのが多いです。でも、これはなんだかほんわかした解釈です。国柄や国民性が出ていて面白い。

Posted by: プルメリア | 12/11/2005 at 14:02

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19580/7566867

Listed below are links to weblogs that reference ヤドリギの下でキス:

« ジョンレノンが死んだ日 | Main | 青一界隈・なくてはならないもの »