« 自然治癒力 | Main | カラダ香るガム! »

「沈黙の螺旋」と「ニュース断食」

「小泉自民党、単独過半数 仰天の世論調査!」
夕刊フジの昨日の見出し。

昨今、マスコミ各社から発表される世論調査のなかで、正しい調査手法の手順が踏まれていない、例えば調査日程の取り方に問題があるものや調査対象者の属性、調査データの精査をせず集計しているようなものまで、専門家の中ではそれらについて是非が検討されている(オープンなやりとりには載っていないのでご紹介はできないが)ものが多い。
また、新たな試み、「総選挙はてな」などは、立候補予定者個人を特定しない上に、政党の投票予測ではなく「支持されると思われる政党」の「株を買う」という行為で、別の角度から選挙の投票行動の実態を炙り出そうとしている。これもまた実に様々な観点から議論を呼んでいる。

「沈黙の螺旋」というセオリーがある。

05-08-24_23-28


沈黙の螺旋理論

これは、過去からの主にドイツにおける世論の論調と投票行動をつぶさに研究した報告なのであるが、支持する政党が多数の支持を集めているとわかったら、そのひとたちはその党の支持をおおっぴらに示すが、逆に少数派は「沈黙」に陥る。
その傾向は、本来的に有権者がその政党を支持している、していないに関わらず、支持する人が多いと思う政党は?という質問において、さらに顕著になる。「大多数が支持する」と思われているA政党は、沈黙は金とばかりに、黙っても票が集まる。しかし少数派B政党は、沈黙に陥った瞬間、本当に「沈黙派」になり(沈黙の螺旋に陥り)なすすべもなく敗退している。
これが本書の主張「沈黙の螺旋構造」である。
人々は 「自分以外の人たちは一体どう考えているのか」を知りたがり、そしてさらに「勝ち馬に乗ること」を探しているから、という分析には納得感がある。


そして、ちょっと別の話。
アメリカCAMの第一人者・アンドリュー・ワイル医学博士の著書は、代替療法家としてホリスティック医療を考えている人間に、多くの示唆を与える。

4042777015

癒す心、治る力


「ニュース断食」は、例えば「癒す心、治る力」の第12章「活動と休息」にもあるが、昨今のニュースの中には、知って気分がよくなるものは極めて少なく、心配したり怒ったりするものがあまりに多いから、そこから身を遠ざけることで心身の健康によい状態を得られる、といっている。
私自身、ビジネス上全くニュースに触れないことそのものがストレスになるので、せめて新聞だけ読むが、テレビその他ではその類を見ないようにして「断食」と考える。今はニュースだけでなく、ワイドショー、バラエティー、クイズ番組も要注意なのだ。で、これは結構、よいようだ。それらを漫然と見る時間が、考える時間になり、確かに休息になっている。


そしてもう一度今の日本。衆議院総選挙は比例代表があり政党にも投票するが、選挙区の個人にも投票することになっている。地縁社会が根強く残り、また日本人は世界的にもテレビ視聴が多い国民だ。マスコミの報道による「ある政党優位」を「勝ち馬」と理解し、それに乗りたい人たちはどれほどいるのだろう?
また、毎日朝から晩まで同じことを繰り返しているマスコミに惑わされることなく、自分の信念の投票ができる有権者はどれほどいるのだろうか?

せめてマスコミも、実は勝ち馬がわからないまま、ゴールを目指しているのではないことを願う。

|

« 自然治癒力 | Main | カラダ香るガム! »

徒然」カテゴリの記事

Comments

Wow! This blog looks exactly like my old one! It's on a completely different subject but it has pretty much the same page layout and design. Excellent choice of colors!

Posted by: best dating sites | 11/24/2014 at 20:06

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19580/5622634

Listed below are links to weblogs that reference 「沈黙の螺旋」と「ニュース断食」:

« 自然治癒力 | Main | カラダ香るガム! »